忍者ブログ

途方もNation

<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

随分とここから離れておりましたが
帰って参りました
a93b6b05.jpg
揮です。
こんな時代もありました。

改めて
先日池袋にお越し下さった皆様
ありがとうございました。
私の犯した失態を見抜いた方は
果たしてどれくらいいたのか…
失敗はありましたが
今後への手応えも感じたライブとなりました。
次回もまた、やってやります。
失敗をじゃないからね。

私事ではありますが
現在住んでいるアパートは
色々な事があり過ぎです。
以前起きた伝説の事件
「鍋の空焚き 〜厚揚げ2枚の巻〜」
あの時は兄貴と一緒に消防車を呼び
最悪の事態を免れました。
ケロッと何食わぬ顔で部屋に戻った住人の顔が
今でも忘れられません。

そしてある日玄関のドアを開けて起きた
「同級生同じアパートに住む 〜当時そこまでは仲良く無かった奴の巻〜」
現在お世話になっている仕事先に一度現れたその彼。
朝いつものように出掛けようと
ドアを開けると目の前に彼。
同じく仕事に出掛ける所だった。

「…おう」
「…おう」

「ここに住んでるの?」
「そうなんだよ」

(2人)「…じゃあね」

そして昨日の早朝1:30に起きた
「雨の玄関前 〜おやすみなさいの巻〜」
その時間に帰って来た僕の目に飛び来んできた光景
それは雨の中地べたにあぐらを掻き
ウトウトと眠っている男性の姿。
手には買い物袋一杯の食料や飲料。
不審者だったら面倒なので
見なかった事にして部屋の中へ。
しばらくすると…

バンバンバン!
ゴーン!
ゴロゴロゴロ…

外でやかましく暴れ回っている音が。
ドアの覗き穴から様子を見ると
先程まで眠っていた男が目を覚まし
ドアを叩いたり手すりに頭をぶつけたり寝転んだり。
もう2:30。
他の住人は見て見ぬふり。
このままじゃ眠れないし
2階から落ちたらマズいと思い110番。
数十分後駆けつけた警察が問いかける。
「どうしたの?名前は?」
「…」
「名前は言える?」
「あ、えー?」
完全な泥酔。
「ここお兄さんの家?」
「あー、うーんと…はい」
「鍵は?」
「えーっと…あのー」
完全に諦めた警察。
「カバン開けるからね?良いね?」
そう言ってカバンを探り鍵を発見。
「ドア開けるよ?開けるからね?」
「はい!」
たまに元気に返事をする男。
ドアを開け、中に引きずられるようにして
無事帰宅。
「じゃあちゃんと寝るんだからね?帰るよ?」
そう言って帰ろうとした警官に
彼が一言

「おやすみなさい」

やかましいわ。

この短い期間に119番と110番が
発信履歴に刻まれるとは思ってもみませんでした。
色々あって面白いけど
もうやめてね。

じゃ、おやすみなさい。
PR

プラグインタイトル 今日は何の日
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プラグインタイトル Catepory
プラグインタイトル 有り難いお言葉
[01/23 兄]
[01/23 rica]
[01/21 友香]
[01/21 山田]
[01/12 兄]
プラグインタイトル 最新のPollyanna
プラグインタイトル Pollyfile
HN:
Pollyanna
年齢:
6
性別:
非公開
誕生日:
2010/08/29
プラグインタイトル 携帯電話
プラグインタイトル カウンター
Script:Ninja Blog  Design by: タイムカプセル
忍者ブログ [PR]